若い内

自分に適切な育毛剤を選ぶポイント

育毛剤には軟膏のような物や、シャンプーになっている物のような塗布タイプの物と、本格的な治療に使われる内服タイプの物があります。
内服タイプの物は、種類も少なく大体はクリニックで処方して貰ったりするのですが、塗布タイプの物はクリニック以外でも、普通に買うことが出来る位、いろんな種類があります。
では、自分に合った物はどれか、何を基準にして決めれば良いでしょう。

まず、自分の薄毛のレベルを考えましょう。
抜毛が増え出して、薄くなって来たというレベルなのか、既にかなり抜け落ちて頭皮がくっきり見えるレベルなのか、それによって決めれば良いでしょう。
抜毛が増えて来た、少し薄くなって来た、というレベルならば、塗布タイプの物であれば育毛シャンプーなどで抜毛を防止させて行く事が期待出来ます。

防止だけではなく、細くなって抜けやすくなった状態を改善したいのであれば、クリニックに行って内服タイプの育毛剤を処方して貰いましょう。
クリニックで処方して貰う物は医薬品ですので、値段もそれなりにしますが、根本的に髪質を元に戻してくれる物ですので、事実上毛が増えます。
これはホルモン抑制の効果があるので、比較的年齢の高い中高年に人に向いています。

塗布タイプの物は、基本的には頭皮の血行促進をしてくれる物が多いので、まだまだ若い年齢の方に向いています。
どれが合っているかは、自分ではなかなかわからない物ですので、クリニックで自分の頭皮の状態や症状を見て貰って、アドバイスを受けるのが一番確実です。
医薬品の物は、副作用も少なからずあるようですし、若い人なら体質改善も望めますので、もっと後になってからでも良いと思います。

塗布タイプで行くならば、自分の薄毛と同じタイプの人の口コミや、その商品の解説などを調べると良いと思います。
薄毛と言ってもいろいろ種類がありますから、自分と異なる症状向きの育毛剤を使用しても意味がありませんので。
まずは自分の薄毛のタイプを知る事、そしてその症状に適用の育毛剤の口コミなどを参考にして決めて行けば良いのでは無いでしょうか。


このページの先頭へ